絞り込み項目

ベビーベッド選びのアドバイス

ベビーベッドは、新生児から2歳までの赤ちゃんをより快適な空間で寝かせるためのアイテムです。室温や湿度、日光やエアコンが直接当たらない快適でやさしい環境を考えてあげましょう。

ベビーベッド選びのアドバイス
ベビーベッドって必要なの

ベビーベッドって必要なの?

床のホコリから遠ざけたり、ペットやきょうだいからのイタズラから守ったり、ママやパパがお世話しやすい高さにしたりと、清潔・安全・便利なねんね環境には、ベビーベッドがおすすめです。

ベビーベッド使用イメージ
どんな種類があるの

どんな種類があるの?

サイズの例

寝具8点

レギュラーサイズ

内寸70×120
一般的な大きさのベビーベッドです。

POINT

  • スペースが広くお世話がしやすいです。

  • 一般的な大きさのベビー布団(敷布団のサイズが70×120cm)が使用できます。

  • ベビー布団が種類豊富な機能・デザインから選べます。

  • ミニベッドに比べて大きいので、設置場所のスペースを事前に確認しましょう。

ミニサイズ

内寸60×90
コsssssンパクトサイズのベビーベッドです。

POINT

  • 限られたスペースでも使用できます。

  • ミニサイズ専用のベビー布団(敷布団のサイズが60×90cm)が必要です。

  • ベッドのサイズに合わせて専用のベビー布団が必要です。

添い寝サイズ

内寸45×90
大人のベッドの横につけて添い寝ができるベビーベッド。
(※ロングサイズもあります)

POINT

  • 幅がコンパクトなので場所をとりません。

  • 赤ちゃんと添い寝しながら、ママ・パパもよく眠れます。

  • ベッドのサイズに合わせて専用のベビー布団が必要です。

タイプの例

ハイシートタイプ

床から床板までの高さが標準タイプよりも高く、腰をあまり曲げずに赤ちゃんのお世話ができるので腰の負担軽減に。
背の高いパパにもおすすめです。

ハイシートタイプ
ハイシートタイプ

床板がすのこになっているタイプ

木製の板をすのこ状に敷くことで、通気性を良くしています。
熱をためずに布団が湿気にくい床板です。

折りたたみタイプ

スリムになるので収納に便利です。
組み立ても工具が不要で簡単です。

ハイシートタイプ
どこに置けばいいの

どこに置けばいいの?

まず置く場所を決めましょう。

置く場所のスペースに合わせてベビーベッドのサイズを選びましょう。添い寝するのか、ペットやきょうだいがいるか、よく移動させるかなど、ライフスタイルに合わせて、タイプを選びましょう。

【室温】

冬場18~23℃ 夏場25~27℃

【湿度】

40~65%程度

【日差し】

直射日光を当てない

【風】

エアコンの風を直接当てない

室温や湿度などは目安としてお考えください。

ベビーベッド使用イメージ
安全性もチェック

安全性もチェック

日本国内で販売する乳幼児用ベッドには、PSCマークの表示が義務付けられています。
SGマークは製品安全協会が安全だと認定したものに表示されています。
PSCマーク・SGマークが付いているものを選びましょう。

「PSC」は「Product Safety of Consumer Products」(消費生活用製品の安全)の略、国で定めている安全基準に合格したものに対して表示されます。

PSマーク

「SG」とは、「Safety Goods」(安全な製品の略)で、製品安全性協会が定めている審査に合格し、安全だと認定されたものに対して表示されます

SGマーク

アカチャンホンポで販売しているベビーベッドは全て、PSCマーク・SGマークが付いています。

お客様の声

お客様の声

ハイシートタイプ

ハイシート ベビーベッド
ナチュラル

ハイシート ベビーベッド ナチュラル

出産で予想以上に腰を派手に痛めてしまいハイタイプでないとお世話なんか絶対出来ていませんでした。
確かに大きいけれど6畳の部屋にシングルx2とベビーベッドを置いて生活できています。
まだ部屋が整ってない時に出産があったので下の収納スペースにも助かりました。
今3ヶ月ですが余裕を持ってちょうどいいサイズです。ミニやレギュラータイプと悩んだけれど、このハイタイプにしていて本当に良かった。

レギュラータイプ

アリス ベビーベッド
ホワイト

アリス ベビーベッド 
ホワイト

友人の初孫の、お祝いの贈り物に選びました。
ベビーベッドに違いなんてあるか?と思いましたが、とても可愛いベッドに、友人の娘さんも、とても喜んでくれました。
送った私も、嬉しくなりました。

ハイシート&
折りたたみタイプ

ワンタッチハイベッド

ワンタッチハイベッド

日本製・折り畳み式・ハイタイプの三点が気に入り、こちらを購入しました。寝室とリビングの両方で使用したかったので、折り畳み式は、本当に便利で正解でした。
キャスター付きなので楽に移動でき、一瞬で組み立てられるので、移動が全く苦になりません。ハイタイプは、腰への負担がないので、お世話が楽になりました。

すのこタイプ

フラルWオープン
すのこベビーベッド

フラルWオープン すのこベビーベッド

布団で寝ていましたが、引越しするので…こちらの安いベビーベビーを購入しました。
開けるところが2箇所あるので、オムツを変えやすいのと、お風呂上がりのベビーマッサージから着替えまで楽々出来ます。
ベビーベッド嫌いな我が子も、ぐっすり寝てくれます。
部屋が狭く、下の収納が使えてませんが…ストックなど入れるにも便利なのでありがたいです!

関連商品

関連商品

ベビー布団セット

まずは基本の8点セットを揃えましょう。ベッドに合わせて、レギュラー・ミニ・添い寝サイズの布団があります。

ハイシート ベビーベッド ナチュラル

ベッドメリー

音や動きで赤ちゃんの興味を引きます。

アリス ベビーベッド 
ホワイト

ベッドインベッド

添い寝したいけれど、添い寝ベッドを置くスペースがないときに便利です。

ベッドインベッド

ベッドガード

ベッドの柵に赤ちゃんの頭がぶつからないように、手や足が出ないようにガードします。エアコンなどの風よけにもなります。

ベッドガード