8のつく日は ハッピーデー 全品 ポイント5倍
絞り込み項目

ミニサイズの布団セット

何をどれだけ揃えればいいの

何をどれだけ揃えればいいの?

赤ちゃんの快適ねんねに揃えたい寝具8点

まずは基本の8点セットを揃えましょう。

寝具8点
  • キルトパッド

    シーツの下に敷いて、汗やおしっこ、ミルクの吐き戻しを吸収。さらにその下に防水シーツを敷くと敷布団をぬらしません。

    キルトパッドはこちら
  • 防水シーツ

    キルトパッドとのセット使いで敷布団をぬらしません。

    キルトパッドと防水シーツが一体になった防水キルトパッドもあります。

    防水シーツはこちら 防水キルトパッドはこちら
  • 敷布団

    首や背骨がまだ未熟な赤ちゃんをしっかりと支えるために敷布団はしっかりめのものを選びましょう。

    敷布団はこちら

こちらもチェック

季節ごとのコーディネートは

季節ごとのコーディネートは?

布団は季節にあわせた使い分けが大切。

敷布団掛布団毛布

昼と夜の温度差が大きい季節。掛布団に毛布をプラスして温度調節を。

敷布団タオルケット(もしくは薄手の掛布団)

冷えすぎるエアコンは要注意!薄手の掛布団やタオルケットなどを使い分けて、温度調節を。

敷布団掛布団掛布団(薄手)毛布

掛布団の下に肌布団か毛布をプラス。

季節ごとのコーディネート
掛布団は、どんなものがいいの

掛布団は、どんなものがいいの

掛布団軽く薄いものを選びましょう。

手足を動かしやすいように

大人に比べて体の小さな赤ちゃん。大人用ではなく、赤ちゃんサイズに合ったベビー専用布団を用意しましょう。

赤ちゃんは体温調整が苦手

薄い保温性・吸湿性・通気性をしっかりチェックして季節に合わせて調節してあげましょう。

洗濯ができるウォッシャブルがおすすめです。

赤ちゃんは、とても汗っかきな上、ミルクの吐き戻し等でお布団が汚れがち…。お家で丸洗いできる掛け布団で清潔な睡眠環境を作ってあげましょう。

おすすめはこちら!

羽毛
ポリエステル

掛け布団が洗濯機で洗える布団セット

羽毛掛け布団の布団セット&羽毛掛け布団

敷布団はどんなものがいいの

敷布団はどんなものがいいの?

敷布団通気性がよく固いものを選びましょう。

沈まず支える

寝返りができない赤ちゃんは、敷布団が柔らかすぎると、頭が沈み込んでしまい、呼吸の妨げや窒息の危険性があります。

からだを支える

まだからだがやわらかい赤ちゃんの骨や関節の発達をサポートする意味でも、固めの敷布団を選ぶのがおすすめです。

おすすめはこちら!

布団・シーツのセット方法は

布団・シーツのセット方法は?

各アイテムセット順序!

各アイテムセット順序

敷布団用シーツの掛けかた

掛けかた1

重ねた防水シーツ、キルトパッドがズレないように角をきちんとあわせ、片側にだ敷布団用シーツをかぶせます。

掛けかた2

シーツのかかった側を起こし、V字になるように近づけた状態で、もう片側にシーツをかぶせます。

掛けかた3

中身がズレないよう、両端をしっかり持って、敷布団をもう一度広げます。

掛けかた4

中身をととのえたら出来上がり。