8のつく日は ハッピーデー 全品 ポイント5倍
絞り込み項目

授乳用品選びのアドバイス

生後1~3ヵ月の赤ちゃんは母乳とミルクの栄養で育ちます。
大切な赤ちゃんの「お食事」なので赤ちゃんが飲みやすいほ乳びん&乳首を選びましょう。

ほ乳びんでミルクを飲ませてもらっている赤ちゃん
授乳ってなぁに

授乳ってなぁに?

母乳育児はママが直接赤ちゃんに母乳をあげるだけでなく、さく乳器でさく乳し、保存しておいたものをほ乳びんで赤ちゃんに授乳することもできます。

授乳イメージ

ママが仕事などで母乳をあげられない時や、量が足りない時は粉ミルクを併用すれば誰でも授乳ができます。
粉ミルクは母乳育児ができない場合に赤ちゃんの栄養になるもので、赤ちゃんの成長に必要な成分がバランスよく配合されています。

粉ミルクイメージ
どんな物が必要なの

どんな物が必要なの?

授乳に必要なアイテムと選ぶポイントを紹介します。

母乳グッズ

さく乳器

さく乳とは、乳腺にたまった母乳をしぼること。
ちょうど良いタイミングで母乳があげられない時や、乳首にトラブルがあり、直接赤ちゃんに授乳できないときにさく乳します。
さく乳器には、電動タイプと手動タイプがあります。

さく乳の仕方

  • 1.さく乳前

    乳房を蒸しタオルであたため、マッサージをおこなって乳腺を十分に開かせましょう。

  • 2.さく乳時

    吸引圧が強ければ、多くさく乳ができるというわけではないので、無理なく、自身にあった吸引圧でさく乳を行いましょう。
    さく乳は八分目程度でやめ(時間は長くても20分以内)、乳房や乳首が痛むときは使用を中止しましょう。

  • 3.さく乳後

    さく乳した母乳は、母乳バッグに入れて冷凍(もしくは冷蔵)し、保存しましょう。

母乳の保存期間の目安

冷凍庫(-18℃以下)…約3ヵ月

冷蔵庫(4℃以下)…約1日

さく乳の仕方

さく乳した母乳の使い方

母乳の解凍は水または40℃前後のぬるま湯で解凍します。
熱湯や直火、電子レンジでの解凍は、母乳に含まれている免疫体や成分が破壊されたり、母乳バッグが破裂する可能性もあるので行わないようにしましょう。
解凍した母乳は、ほ乳びんに移して湯せんで人肌程度まであたためましょう。

母乳のあたため方

ママが事前にさく乳しておけば、ほ乳びんを使って、誰でも授乳することができます。

赤ちゃんに ほ乳びんでミルクを飲ませるお父さん

さく乳グッズの種類

手動タイプ

手動タイプ

自分で力加減の調整ができる。

電動タイプ

電動タイプ

手が疲れずラクラク。
左右同時にさく乳できるものもあり、時短効果も。

母乳バッグ

母乳バッグ

母乳を衛生的に保存できる袋。冷凍保存時に使用します。

ミルクグッズ

ミルク

赤ちゃんの月齢やアレルギーの有無、使用シーンにあわせて選びましょう。
缶入りタイプはたくさん入ってお得!
スティックタイプやキューブタイプは計量の手間がはぶけるのでおでかけや夜間におすすめです。
液体ミルクはお湯が不要で常温のまま飲ませることができるので、おでかけや災害備蓄用におすすめです。

育児用ミルク

育児用ミルク

赤ちゃんに必要な栄養が含まれており、新生児から与えることができます。
0ヵ月~離乳完了まで

フォローアップミルク

フォローアップミルク

牛乳に代わる栄養が含まれており、母乳の代わりにはなりません。主に、離乳食の栄養補助として与えましょう。
9ヵ月~3歳頃まで

アレルギー対応ミルク

アレルギー対応ミルク

アレルギーを持つ赤ちゃんは、医師の診断に基づいてミルクを選びましょう。

液体ミルク

液体ミルク

調乳する必要が無く、常温で飲ませられるので、おでかけ時や災害時に活躍します。

ほ乳びん

母乳育児のママも、外出する時や体調によって授乳できないことも。
まずは2~3本用意しておき、ライフスタイルや状況に応じて買い足していくといいでしょう。

素材

素材イメージ

ガラス製は煮沸できるので傷やにおいがつきにくく衛生的。
プラスチック製は軽くて割れにくいので携帯に便利。

容量

容量イメージ

80~160ml...一回に飲む量が少ない新生児の頃におすすめ。
200~330ml...成長に応じて、飲む量が増えてきたら。

育児用ミルク

専用の洗剤とブラシで洗った後、消毒が必要です。

消毒方法は、「薬液消毒」「電子レンジ消毒」「煮沸消毒」の3通りがあります。
お家の環境やライフスタイルにあわせて消毒方法を選びましょう。

ほ乳びん用乳首

乳首はメーカーや商品ごとにさまざまな種類があります。
赤ちゃんの飲む量や月齢にあわせて選びましょう。

ほ乳びん用乳首 イメージ

乳首の種類と主な特徴

丸穴タイプ(SS・Sサイズ)

丸穴タイプ(SS・Sサイズ)

吸う力が弱い新生児は、小さい穴から試してみる。
授乳時間は10~15分を目安に、飲む量を見極めるようにする。

丸穴タイプ(Mサイズ)

丸穴タイプ(Mサイズ)

Sサイズで飲むのに時間がかかりすぎるようになったら。

Y(スリー)カット

Y(スリー)カット

遊び飲みが始まった赤ちゃんに。
咥える角度や強さで、ミルクの流量をコントロールできる。

X(クロス)カット

X(クロス)カット

噛む力に応じて乳首が開く。
果汁やお茶を飲むときにも適している。

紙パック用乳首

紙パックのまま飲めるので、ほ乳びんやポットが不要で、お出かけや夜中の授乳がラクに。災害時の備えとしても。
新生児~卒乳までサイズを変更することなく1サイズでOKなスーパークロスカット乳首です。
使い切りではないので、洗って何度でも使えて経済的。

紙パック用乳首イメージ

乳首選びのポイント

  • Point1

    初めは乳孔が一番小さいものを買うのがおすすめです。

  • Point2

    赤ちゃんの体の大きさや吸う力など、ペースに応じて取り替えていきましょう。

  • Point3

    赤ちゃんはひとつの乳首になじんでしまうと、新しい乳首を嫌がることがあるので、2個以上準備し、交互に使うようにしましょう。

  • Point4

    メーカーが異なるとミルクが漏れる可能性があるため、ほ乳びんと乳首は同じメーカーで揃えることをおすすめします。

乳首のお手入れの仕方

はじめて使う前には、必ず洗浄・消毒をしましょう。

ミルクの残りかすには雑菌が繁殖しやすいため、飲み終わった後は、すぐに洗いましょう。

雑菌を防ぐため、毎回消毒が必要です。

「ピジョン 母乳実感」ママのおっぱいから飲むのと同じ口の動きで飲める哺乳びん

「ピジョン 母乳相談室」乳頭乳房トラブルなどで一時的に直接母乳をあげられない時に

「ドクターベッタ」独特のカーブでママのおっぱいを飲む姿勢を実現

「NUK プレミアムチョイス」授乳時のおっぱいの形を再現したほ乳びん

お手入れ方法は

お手入れ方法は?

ほ乳びんと乳首は、洗剤とブラシで洗った後、消毒が必要です。
消毒方法は「薬液消毒」「電子レンジ消毒」「煮沸消毒」の3通りあります。

薬液消毒

簡単なので実家や旅行先で使うときに便利。

1 専用の容器に薬液を入れ、指定の濃度まで薄める。

2 1時間以上薬液に浸す。

3 使用する直前に取り出す。
薬液を振り切ってそのまま使用OKだが、においが気になる時は熱湯ですすぐ。

薬液消毒用品はこちら
薬液消毒 ほ乳びん洗浄・消毒グッズ イメージ

電子レンジ消毒

家事の合間などに短時間で完了。電子レンジでチンするだけ。

1 専用の容器に水を入れ、電子レンジにかける。

2 消毒時間は約5分。
※商品により時間は異なります。

3 高温になる為、冷めてから取り出す。

4 そのまま保管ケースとして使用できるものも。

電子レンジ消毒用品はこちら
電子レンジ用ほ乳びん洗浄・消毒グッズ イメージ

煮沸消毒

手間はかかるが、コストが安い。時間がある時におすすめ。

1 大きな鍋に水をたっぷり入れ、ガラス製ほ乳びんは水から、プラスチック製ほ乳びんは沸騰してから入れる。

2 消毒時間は3~5分。

3 煮沸後は水分を切り、ほこりがかからない場所やケースで保管する。

煮沸消毒用品はこちら
煮沸消毒 イメージ
お客様の声

お客様の声

ほ乳びん

ピジョン 母乳実感 耐熱ガラス 240ml Bear

ピジョン 母乳実感 耐熱ガラス 240ml Bear

1つ目の哺乳瓶として購入しました。デザインの種類が豊富で、一目惚れ。まだ使用していませんが、定番の形で使いやすそうです。これから迎える大変な育児の中、テンションが上がるかわいいものを!と思い選びました。

ピジョン 母乳実感 耐熱プラスチック
240ml

ピジョン 母乳実感 耐熱プラスチック 240ml

娘も月齢が進み、今までのミニサイズでは足りなくなりそうになってきたのでサイズアップ、新調しました。瓶にイラスト有りももちろん可愛いですが安さ重視でシンプルなこちらを購入しました。

ほ乳びん消毒用品

コンビ 除菌じょ~ずα パウダーピンク

コンビ 除菌じょ~ずα パウダーピンク

薬を使って消毒するのは薬の臭いも気になるし、場所も取るので、こちらの商品を知って即決しました!やり方もとても簡単で、解体して洗うのも簡単です。5分間のレンジの電気代さえ払えば他に費用もかからないのも嬉しい点です。

チュチュベビー つけるだけ 1100ml×2個

チュチュベビー つけるだけ 1100ml×2個

電子レンジなどで温めるタイプはちょっと面倒だなと思っていたので、これは本当に楽です。完全ミルクなので哺乳瓶はしょっちゅう洗って消毒しなければいけないし、つけておいて使う時にササってキッチンペーパーで外側だけ拭いて、中は水を切るだけです。大容量でお安いし、宅配も助かります。兄弟ずっとリピートしてます。

上記の体験談は、アカチャンホンポomni7ネット通販サイトに寄せられたレビューを抜粋して掲載したもので、あくまで個人の感想です。

関連商品

関連商品

おうちでもお外でも役立つ授乳グッズがいっぱい。

母乳グッズ

母乳パッド・消耗品

自然と母乳が溢れてしまい、下着や洋服まで染み出てしまうときに使います。下着との摩擦や、乾燥から乳首周辺を保護し、清潔に保つ役割もあります。

母乳パッド・消耗品

ケアクリーム

乳頭や乳房の他に、ボディケアにも使え、敏感なお肌を保護します。

ケアクリーム

乳頭保護器

乳首にキズや亀裂、痛みのあるときや、扁平(乳首が平ら)・陥没(乳首がへこんでいる)乳頭や、乳首が小さくて赤ちゃんが吸いつきにくいときに使用します。乳首を守りながら、母乳を与えることができます。

ソフトタイプ

Point

やわらかいシリコーンゴム製なので、違和感無くフィット。
サイズが2種類あり、乳首の大きさにあわせて選べます。

ソフトタイプ

ハードタイプ

Point

乳首にひどい傷や痛みのあるときはハードタイプがおすすめ。
フリーサイズのため、ソフトタイプの乳頭保護器が使えない場合でも使用可能です。

ハードタイプ

ほ乳びん洗浄グッズ

ほ乳びん・乳首ブラシ

ほ乳びん素材に合わせて、ボトルを傷つけない硬さのブラシを選びましょう。乳首ブラシがあれば、細かいミルクカス洗いがラクです。

ほ乳びん・乳首ブラシ

ほ乳びん洗剤

赤ちゃんのほ乳びんやおしゃぶり、食器などを洗う洗剤。環境や赤ちゃんにとって気になる成分を配合していないものが多いです。

ほ乳びん洗剤

おでかけ便利グッズ

ミルクケース

あらかじめ粉ミルクを計量して収納できるので、お出かけ時や夜間の調乳に便利。卒乳後は、離乳食入れやおやつ入れとして使えます。

ミルクケース

ほ乳びんポーチ

乳保温・保冷機能付きのポーチ。大き目のものは粉ミルクケースも一緒に入れることができます。

ほ乳びんポーチ

使い捨てほ乳びん

旅行・帰省・夜間や災害時のもしもの備えに。消毒不要で、開封後すぐに使えます。軽量・コンパクトで携帯に便利です。

使い捨てほ乳びん

授乳便利グッズ

授乳ケープ

授乳中の赤ちゃんとママの胸元をすっぽり覆ってくれるケープやスカーフ。授乳の場所やタイミングを選ばず授乳ができます。

授乳ケープ

授乳クッション

授乳姿勢をサポートするクッション。妊娠中は抱き枕として、出産後は授乳クッションや赤ちゃんのおすわり補助として、3つの使い方が可能なものもあります。

授乳クッション