絞り込み項目
フラディア グロウ エバー

車の中でも平らに寝かせてあげたいその理由

首が前に垂れにくく呼吸がしやすい「平ら」なベッド。

首が前に垂れにくく呼吸がしやすい「平ら」なベッド。

赤ちゃんの大きな特徴の1つは、からだに比べて頭が大きくて重く、首がまだぐらぐらなこと。
だから、首がすわるまでは平らに寝かせてあげると頭が安定して、首が前に垂れにくく、呼吸が楽にできます。

腹式呼吸がしやすいフルリクライニングできる「平ら」なベッド。

腹式呼吸がしやすいフルリクライニングできる「平ら」なベッド。

胸の筋肉が未発達な赤ちゃんはまだ呼吸が苦手で、おなかをふくらませて腹式呼吸をしています。
まだ産まれてすぐの頃は、取り込める酸素の量も少ないので、大人の約2倍の回数、呼吸をしています。だから、おなかを圧迫しないように、平らな姿勢で寝かせてあげたいのです。

産まれてすぐから4歳頃までずっと、3ステップで理想的な姿勢をサポート。

3ステップで理想的な姿勢をサポート。

退院した直後の新生児から、ぐんぐん成長してしっかり座れるようになる4歳頃まで、3段階にカタチを変え、成長に寄り添いながら、常に理想的な姿勢を保ちつづけます。

ラクラク片手回転でストレスフリー。

スライドターンレバー(特許出願中)

スライドターンレバー(特許出願中)

乗せおろしの際に、回転レバーが赤ちゃんの足の間に隠れていたり、回すのにけっこう力がいるという声をよく聞きます。
新開発「スライドターンレバー」は、手の届きやすいシート上部にあり、スライド方式なので、力の弱いママでもカンタン&スムーズに操作できます。

赤ちゃんの安全のために、より厳しくなった新安全規則R129※1に適合。
赤ちゃんを前後左右の衝撃から守ります。

新安全規則R129に適合

フラディアは、2018年にいち早く新安全規則R129※1に適合。高い安全装備で、前後左右からやさしく守ります。
さらに、「平ら」なベッドならではの安全性があります。大切な赤ちゃんの頭が車の中心に来る構造になっているので、衝撃から頭を遠ざけられるのです。

※1 UN規則NO.129(改良型幼児拘束装置)

全身マモールクッション

新生児からの「平ら」なベッドのときは…
「全身マモールクッション」

未熟な赤ちゃんのからだを包み込むようにして衝撃から守る。頭部・背中・座部にクッション材を封入。

サイドシールド

成長して後向き/前向きシートになっても…
「サイドシールド」

両サイドに装備された頑丈なプロテクターで、ドア側からの強い衝撃を軽減。

スムーズな乗せおろしを叶える4つの機能。

ヘッドサポートタングキーパー

まず、赤ちゃんを乗せるスペースを大きく確保(特許出願中)

肩ベルトを横に引っかけられる「ヘッドサポートタングキーパー」を装備。ベルトにじゃまされずに、赤ちゃんを乗せるスペースを大きくとることができます。

タングストッパー

わずらわしいタングの落ち込みを防ぐ

「タングストッパー」が、赤ちゃんを乗せる時、タングが座面にまで落ち込むことを防ぎます。

イージーベルト

マグネットの力でパッとくっつく

マグネットの力でタング同士がくっつく「イージーベルト」で、急いでいる時や赤ちゃんがぐずっている時でもサッと装着できます。

ラクラク調節肩ベルト

ベルトを緩めるのもカンタンに(特許)

引き出しリングを引っ張るだけで、スッと肩ベルトを緩めることができるラクラク調節肩ベルトを装備しました。

並べ替え:
新着順
売れている順
価格が安い順
価格が高い順
レビュー件数が多い順
レビュー評価が高い順
3件あります
3件あります